大きな会社こそ電気使用量をBEMSで見直す

管理しよう

会社などで何気なく使われている電力は、管理してみないと実際に使っている電力を把握しにくいものです。まずは把握して、少しずつでも電気代カットを目指していきましょう。

意識で出来る省エネ活動

  • 省エネにつながるシステムの導入
  • 電気の基本料金を見直す

大きな会社こそ電気使用量をBEMSで見直す

テクノロジー

BEMSとは何か

BEMSとは、簡単にいうと無駄な電力が使われていないかをチェックして、改善するためのシステムです。BEMSシステムの導入で省エネにつながります。

気になる効果

導入することにより得られる効果とは、不具合や改善点を見つけ出して適正なタイミングでメンテナンスなどが行なえます。それらがあることでエネルギー消費を減らし、結果的に費用削減が叶うでしょう。

どんな企業に向いているか

BEMS導入が向いているのは電気エネルギー消費を計画的に減らして、コスト削減を図りたいと思っている企業が一番に挙げられるでしょう。

導入することのメリット

電気代カットにつながる

会社ではありとあらゆるところで電気が必要になってくるため、電気代がかかりますよね。BEMSで電気の使用を管理して、少しでも無駄を減らすことで電気代カットにつなげられます。

消費電力を抑えて効率化

電力が集中してしまう時間帯に合わせて改善を行なうことによって、マックスまで到達してしまう使用電力を抑えることが可能となります。そのことで電力がスムーズに行き渡らないことも防ぐことができ、業務への支障を減らせるでしょう。

電力を統一できる

BEMSに電力の管理をさせることにより、照明やクーラーなどの空調管理がしやすくなります。統一することで、省エネが実現出来るでしょう。

電気の使われ方が分析できる

日頃何気なく電気を使っていても、どれくらい電気を使っているかわかりませんよね。それをBEMSが電気の使い方を分析して、電気をどのくらい使っているのか見えるようになります。

蓄電も可能

蓄電をすることのできるシステムを選んでいる場合、もしも停電した場合でも電気を使えるというメリットがあります。そのためシステムを選ぶときにはそういった機能性がついているものを選ぶようにしましょう。

広告募集中